インフルエンサーマーケティングとは?職業?給料・収入・年収・報酬・ギャラ!養成所やバイトや仕事の求人!

インフルエンサーマーケティングとは?

インフルエンサーとは特定のコミュニティにおいて他ユーザーへの口コミの影響力が大きい人物のことをいいます。

 

簡単に一言でいってしまうとユーチューバーもインフルエンサーマーケティングといえます。

MEMO
インフルエンサーは元々英語の「influence」。つまり影響を与えるという言葉の派生語になります。

 

最近はネットでのユーチューバーなどが目立ちますが、影響を与える人という意味では下記の人たちも含みます。

  1. 芸能人
  2. 歌手(アーティスト)
  3. スポーツ選手
  4. アイドル
  5. SNSの有名人

 

最近の芸能人はほとんどの方がSNSやツイッター、インスタグラム、ユーチューブ、ショールームなどをやっておられますよね。

 

これらのSNSとビジネスを結び付けていくのがインフルエンサーマーケティングです。

 

スポンサードリンク

インフルエンサーは職業?

現時点ではインフルエンサーは職業かどうかは一概に言うのは難しいところがあります。

現代では「子供がなりたい職業1位」はユーチューバーだったりします。

上記に書いた通り例としてユーチューバーで有名になればヒカキンさんのようにインフルエンサーと言われます。

 

ある程度の収入があると仮定して、当然年末には確定申告を行い、税金を納めるわけですから、税制面からすると職業といえる思います。

ただし、社会的認知度という面からすると、 年齢や世代によって大きく意見が異なります。

10代、20代、30代ぐらいの世代は「インフルエンサーは職業だ」という認識が多いのではないでしょうか。

 

しかし、50代以上の方にとっては職業として認知しない人の方がまだ多いようにも感じます。

インフルエンサーはおろかユーチューバー、 ツイッター、SNSって何?という方も結構いらっしゃるのも事実なのです。

インフルエンサーの給料・収入・年収(報酬・ギャラ)

それではインフルエンサーの収入はどの位かとっても気になりますよね。

インフルエンサーを職業としてなかなか認めにくい理由はこの収入の部分にあるといっても過言ではないと思います。

はっきり言って収入が安定しておらず、人によって、全然バラバラで一概には平均収入を算出できなかったりします。

 

稼いでいる方はそれこそ、億単位の方も実際にいらっしゃいます。

インスタグラマーでもユーチューバーでもインフルエンサーと呼べるレベルの境界線は明確ではないのです。

私も代理店から突然、お声を掛けられてお仕事をいただくこともありますが、最初の頃は依頼数が少ないので月に10万円も達しない事はザラにありました。

それでも、「報酬を出すので紹介して頂けませんか?」と依頼を頂くので一応影響力があると認知されてるんだなぁと思うようになります。

最高報酬で月収400万円到達した事があります。

 

インフルエンサーの養成所

インフルエンサーの養成所というのも存在します。

タレントの養成所というのはたくさんありますが、現代的なネットビジネスに特化したインフルエンサーの養成所も このところ出現し始めています。

例として、インフルエンサー養成機関を伊のヴォーグの企業が去年始めたりしています。

 

日本だけではなくて、世界的にもインフルエンサーマーケティングは大注目だという事です。

テレビの視聴率が下がる一方で、ユーチューブやSNSで人気が高いインフルエンサーに自社の商品を宣伝してもらう方がモノが売れる時代なのです。

インフルエンサーのバイトや仕事の求人

インフルエンサーマーケティングに関するのバイトや仕事の求人は割とたくさんあります。

様々なところで募集もしていますし、何より、自分自身で始めることができるところに魅力があります。

バイトとして以下のようにアシスタントをお募集しているところもあります。

 

MEMO
  • 週4~勤務OK*
  • インフルエンサーマーケティングのアシスタント募集
  • トレンダーズ株式会社(インフルエンサーマーケティングDiv.)

あるいは自分自身がインフルエンサーとして仕事の依頼をもらう方法も紹介しています。

私自身がインフルエンサーとして自分でも自覚しながら収益を出した軌跡を書いてますので参考にしてみて下さいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です