インフルエンサーマーティングの事例!ビジネス契約や事業費用!代理店の会社!今後の市場規模!

インフルエンサーマーティングの事例!

インフルエンサーマーティングの事例としてはツイッ ターやフェイスブック、SNSなどが代表例ですが、いわゆる普通の口コミとは違います。

時にはユーチューブなどの動画サイトで自分自身が登場し、インフルエンサーとなりうるわけです。

最近ではインスタグラムを活用したインフルエンサーマーケティングが流行ったりもしています。

 

もう少し具体的な例では次のようなものがあります。

MEMO
日本一のインスタグラマーを起用
吉本興業株式会社 (渡辺直美)×東京ディズニーシー
MEMO
ハッシュタグで1万以上の投稿を獲得
高橋愛×三島スカイウォーク
MEMO
3250万フォロワーを持つインフルエンサーの動画PR
柴犬まる×モフール
スポンサードリンク

インフルエンサーマーケティング 今後の市場規模!

今後はますますかなりの規模で拡大していくことが明らかに予想されます。

今後はテレビの力が弱くなっていき、インターネットやSNS媒体での影響力の方がどんどん 大きくなっていくと見られています。

これはテレビの視聴率や広告収入の推移、スマートフォン普及率などを見れば明らかです。

 

芸能人を見ても、テレビ出演のみでなく、大半の方はブログやツイッターなどのSNSで情報を発信しており、その影響力で時に炎上したりと大きなものになっています。

インフルエンサーマーケティングのビジネス契約

1,2年前まではインフルエンサーに対するビジネス契約というのはほとんどなく、もしくはあったとしてもかなりゆるいものでした。

ところが最近はインフルエンサーとの契約は、TV広告や広告看板に出演する従来のモデルとの契約に似はじめているところがあります。

 

事務所と契約したり、いろいろな条件が並んでいたりということも珍しくなくなってきているのです。

日本よりも先に中国で養成所なども普及しているので、前LINE社長の森川氏率いる動画配信サービス「Cチャンネル」の中国進出も加速しています。

インフルエンサーマーケティングの事業費用!

インフルエンサーマーケティングの良いところはまさに事業費用に関しての利点といえると思います。

自分自身で行う場合は内容にもよりますが、基本的には初期投資のみで従来の放送システムにかかる費用に比べたら、ほとんど広告経費をかけずにおこなうことができるのです。

 

はたまた自分自身ではなく、インフルエンサーの方と契約を結ぶにしても、今現在はテレビ出演の費用と比べるとかなり割安で契約を結ぶことができます。

MEMO
仲介手数料なども今の相場ではかなり割安なのです。

インフルエンサーマーケティング 代理店の会社!

インフルエンサーマーケティングを行う代理店の会社は どんどん増えてきています。

ここでは新目の会社を幾つ かご紹介します。

インフルエンサーマーケティングの代理店
  • Find Model / 株式会社Find Model 3MINUTES / 株式会社3ミニッツ
  • Adgenic / THE COO株式会社 × 株式会社クリエイター ズマッチ
  • INFLUENCER CLOUD / 株式会社EMOLVA
  • Lollypop / 株式会社Candee
  • SWIM / サムライト株式会社
  • タグピク・インフルエンサーネットワーク / タグピク 株式会社
  • Winsta / 株式会社クロスリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です