インフルエンサーとは造語?意味や語源の由来!略称は?オピニオンリーダーやインフルエンザとの違い!

インフルエンサーとインフルエンザとの違い!

最近、テレビやネットなどでよく「インフルエンサー」という言葉を耳にしませんか?

あっ、乃木坂46の曲にも「インフルエンサー」ってあるなぁ

関連画像

 

「インフルエンザ」と比べると濁点の違い程度しかないのでとても勘違いしやすいですが、2つとも全くの別物です。

  1. インフルエンサー→世間に与える影響力が大きい行動を行う人
  2. インフルエンザ→ウイルスによって引き起こされる呼吸器感染症

 

インフルエンザになるととても大変ですが、実はインフルエンサーになるまでの過程の方が大変かも…?!

このブログでは「インフルエンサーになる方法」と題して、インフルエンサーになりたい人にとって参考になる記事を書けたら…という思いで立ち上げました!

インフルエンサーの意味

前述したように、「インフルエンサー」とは「世間に与える影響力が大きい行動を行う人物」を指します。

最近では「インフルエンサー・マーケティング」というものが流行っていて、企業がインフルエンサーの方々に自社製品を紹介してもらう等ということが急増しています。

 

その背景には下記のような原因が考えられます。

MEMO
SNSが急速に流行した

 

今まで流行というのはほとんどがテレビや雑誌などから誕生してきました。

アムラーファッションだったり、あゆのファッションだったり、ルーズソックスだったり…あの頃の私たちは参考にする手段がテレビや雑誌しかなかったのです。

「ルーズソックス」の画像検索結果

 

しかし現在は小学生でもスマホを持ち歩く時代。

中高生がスマホを持ち歩くのも当たり前で、流行などはテレビや雑誌から吸収するのではなく、「スマホから得る」という時代に変わりました。

 

個人的にInstagramやYoutuberが流行りだしたのはまだまだ最近の話で、2010年前後は「ブロガー」が頑張っていた時代でした。

 

私の世代で言うと、クルーズブロガーの「ゆんころちゃん」ですね。

「ゆんころ 昔」の画像検索結果

 

ゆんころとは?
  • 益若つばさの影響で2008年5月よりブログをスタート
  • 写真を撮る際により可愛く見えるテクニック(盛り写メ)が話題に
  • ピーク時は1日100万PV(現在は1万前後)

 

ゆんころちゃんのような「若い女の子たちが参考にしそうな芸能人」がTwitter・Instagram・Facebookなどを利用し始めたことで、これらのSNSも現代ブームになったと思われます。

そういう方々が普及していつの間にかインフルエンサーになっている…と。

 

ちなみにインフルエンサーは何も若い女性の手本になる女性を指す言葉とは限りません。

様々なジャンルにおいて、老若男女のインフルエンサーが存在します。

 

スポンサードリンク

インフルエンサーの語源の由来

語源は「influence(インフルエンス)」から来ていて、「影響を及ぼす」「感化する」という意味があります。

 

ちなみになんですが、インフルエンサーにもフォロワーの数などによってレベルが違うの知ってましたか?

 

関連画像

 

この図によると…

  • ~1000人・・・一般人
  • 1000~1万人・・・ナノインフルエンサー
  • 1万人~10万人・・・マイクロインフルエンサー
  • 10万人~100万人・・・トップインフルエンサー
  • 100万人~・・・有名人

 

という感じになっておりますね。

インフルエンサーとは造語?

先程書いたように、「influence」が語源になっており、「influencer」は「影響者」という意味になります。

造語ではありません。

 

Yahoo!知恵袋に「乃木坂46のインフルエンサーとはインフルエンザから生まれた造語ですか?」という質問がいくつかあって、クスっと笑ってしまいました。

インフルエンサーとオピニオンリーダーの違い

インフルエンサーについてなんとなくわかってきたところで、少し似ていて間違える可能性のある言葉も、ここで紹介します。

「オピニオンリーダー」との違いですね。

関連画像

 

オピニオンリーダー―とは?
  • 特定の分野、地域社会、あるいは社会全体において、それが当面する重要な問題喚起をする人
  • 人々の意見形成に影響を与え、世論を動かす人物(著名な評論家や専門家など)
  • 特定商品の購買、消費をリードする者

 

特定商品の購買、消費をリードする者」という面では、この場合は具体例で言うと木村拓哉さんがわかりやすいかと思います。

木村拓哉さんはその容姿で90年代後半~、ドラマで着用した衣装が爆発ヒットして社会現象になりましたよね。

その代表作が、ドラマ「HERO」で着用した「MONCLER(モンクレール)」というブランドのダウンジャケットです。

 

当時は価格が高額にも関わらず着用効果で売れに売れて、プレミアム価格がついた時期もありました。

人々の意見形成に影響を与え、世論を動かす人物」という点では、もう亡くなられましたがマザーテレサさんはピッタリ当てはまります。

「マザーテレサ」の画像検索結果

 

貧しい人々のための活動だったり、彼女の口から出る慈愛に満ちた発言などは世界的に注目され、様々な人たちに影響を与えました。

いかがでしょうか、「インフルエンサー」と「オピニオンリーダー」の違いがわかりましたでしょうか。

とても似ているし、ネットなどでも混同されたまま使われていたりする場合もあるので、間違いやすいです。

 

次回からはインフルエンサービジネスに関して詳しく書いていきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です